オンラインカジノは違法ではない?イカサマを見分けるポイント

日本で解禁されて国内でも話題になったことから、人気が高まりつつあるオンラインカジノ。

けれど中には不正なソフトウェアの操作をしてイカサマを行ったり、勝利した分のお金を支払わないなどといった悪質行為をはたらくオンラインカジノもたくさんあります。

悪質なオンラインカジノを見極めるポイントや、過去に事件のあったオンラインカジノの例をご紹介します。

Online casino

悪質なオンラインカジノとは?チェックポイント

・カスタマーサポートの対応

オンライン上でカジノを行うからこそ、カスタマーサポートの存在は重要。そんなカスタマーサポートの対応が悪いまたは遅いと、何か問題が起きた際に困ってしまいます。カスタマーサポート対応力のランキングなどあるので、確認することが出来ます。

・勝利分の支払いが遅い、または行われない

各オンラインカジノごとに、出金の所要時間は変わってきます。出金対応が速いところであれば当日~翌日に振り込まれますが、遅いところはいつまで経っても振り込まれない…なんて事も。所要時間や出金に対する口コミはチェックすべき。

・不正な(イカサマ)ソフトを使用している

オンラインカジノのサイトを見ると、何のソフトウェアを使用しているのか確認する事が出来ます。人気の信頼できるソフトウェアなのかどうかを確認しましょう。

・ライセンスを所持していない

オンラインカジノを合法的に運営するためには、運営会社の拠点がある国家・地域の政府などからライセンスを得る必要があります。サイトの下方部にどこのライセンスを取得しているか記載されているはずですので、ライセンス名と信頼できるライセンスなのかをチェック。

・ボーナスの情報が虚偽、または提示している条件と異なる

いくらお得なボーナスを掲げていても、実際は使えない・出金条件が厳しくて相当な額を入金しなければ使用できない…なんて事も。ボーナスの条件は事前に確認すべき。

・運営者情報/会社概要が掲載されていない

ライセンス同様にサイトの下方部に運営者情報は記載されているはず。確認してみましょう。

Online casino

日本語対応のオンラインカジノは大丈夫?過去の摘発例とは

日本の賭博に関する法律は、‘日本国内のみ‘適応されます。つまり日本人が海外でカジノを遊ぶこと、日本から‘海外で運営されている‘オンラインカジノで遊ぶことは違法にはなりません。

けれど海外で運営されてるからこそ英語が基本。そこで日本語に対応したオンラインカジノには安心感をおぼえがちですよね。けれど日本語に対応している、というのは日本人を狙った詐欺である可能性もあるという事は心に留めておくべき事でもあります。実際に日本語対応カジノから不正行為が摘発された事例があるので、2例ご紹介します。

▷過去の実例

Online casino

ドリームカジノ

日本国内において、オンラインカジノ運営による初の逮捕事例となったのが2016年6月に常習賭博容疑で運営者5人が逮捕されたドリームカジノ。

海外のサーバーで運営されており、元の企業も実際に海外法人ですが、運営を担当していたのが日本国内の会社であったという見方が濃厚。サポートが日本語のみであったことなどが判断材料となりました。

なお、逮捕されたのは運営側のみでプレイヤーは逮捕されていません。払い戻しについては、後日別のオンラインカジノを通じて返金手続きがされています。本当の運営元がどこなのか?は気を付けたいポイント。

スマートライブカジノ

こちらは英国を拠点としていた合法オンラインカジノのスマートライブカジノ。カジノ自体は違法ではありませんでしたが、2016年3月に3人の日本人プレイヤーが「明らかに日本人用に特化したサービスを提供していたこと」から逮捕されることとなりました。

ポイントは、

  1. 日本人ディーラーが日本時間の夕方~深夜にかけて対応していたこと
  2. プレーの構図が日本人ディーラーvs.日本人プレイヤーであったこと
  3. 日本語を使って会話をしていたこと

「日本人ディーラーと日本語で会話しながらプレイできる」というのは危険ポイントとなり、海外で運営されているオンラインカジノであっても”日本国内の客に向けた賭博行為”と判断されてしまう事も。

ちなみに逮捕された利用者3名は略式起訴となり、「単純賭博罪」に。10~20万円の罰金刑を、内2名は裁判を避けるために支払いましたが、残りの1名は裁判で争う姿勢を見せ、不起訴処分が決定しました。

イカサマのないオンラインカジノでプレイしよう

Online casino

信頼のできるオンラインカジノで遊ぶためには、信用できるライセンスを取得しているか。加えて、「オンラインカジノが公正に運営されているか」を定期的に確認する第三者組織が入っていればより安心。(※監査機関が入っていなくても公正に運営されているオンラインカジノもあります。)

また、過去の支払いがきちんと行われているか。通常通り運営されていれば支払いが遅れることはまずありませんので、運営元の事情が悪化している可能性も考えられます。

そして日本で運営されておらず、海外で合法的に運営されているかどうか。日本人限定のサービスを行っていないかなど確認ポイントはたくさんありますが、安全にオンラインカジノを楽しむためにも、事前に確認をしましょう!

Leave Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *