カジノが大阪にできる可能性は?統合型リゾートの地域活性化について

カジノがとうとう日本にも!IR法案の可決によりカジノが日本にも誕生することになりそうです。 その候補地に名乗りを上げている大阪の夢洲。 統合型リゾートの地域活性化に果たしてつながるのでしょうか、また地域住民の反応はどのようなものなのでしょうか。 大阪にカジノはくる?:IR法案とは? まずはカジノ法案とも呼ばれているIR法案について簡単にまとめてみましょう。 このれっきとした法案は、2016年12月に成立。 その時の法案名は統合型リゾート(IR)整備推進法案でした。 なぜこれがカジノ法案と呼ばれるようになったのでしょうか。 以下にこの法案の基本理念を記載しますね。 (基本理念) 第三条 特定複合観光施設区域の整備の推進は、地域の創意工夫及び民間の活力を生かした国際競争力の高い魅力ある滞在型観光を実現し、地域経済の振興に寄与するとともに、適切な国の監視及び管理の下で運営される健全なカジノ施設の収益が社会に還元されることを基本として行われるものとする。 なんとここでカジノ施設の収益」、と明記することによってカジノを作ることが認められたのです。 これは長らくカジノを違法と捉えていた日本人にとっては驚きの法案であり、よって「カジノ法案」と呼ばれるようになりました。 大阪にカジノはくる?大阪が誘致をしている理由 他にも誘致を検討している地域はありますが今回は大阪がなぜ誘致に乗り出しているのかについてみていきます。 実はちょっと政治と絡みがありそうなんですよ。 大阪府や大阪市の政治情勢が、他の日本全国の地域と異なる点は、大阪府や大阪市の最大勢力が自民党ではなく、大阪維新の会という地域政党であることです。 大阪維新の会から、大阪府知事、大阪市長を出しており、さらに大阪府議会の定数88議席のうち40議席を確保し、大阪市会(市議会)の定数86議席のうち37議席を確保し、府議会と市会ともに与党の立場を担っています。 大阪で巨大な政治勢力を持つ大阪維新の会は、選挙公約として「国際エンターテインメント都市OSAKAの実現」を掲げ、その第一として大阪万博の開催と、カジノ施設を含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を挙げているのです。 また、大阪維新の会は選挙公約として「副首都大阪の確立」も掲げています。 このような背景があることにより大阪が誘致に積極的になることが分かります。 大阪にカジノはくる?大阪が統合型リゾートに適している理由とは? 大阪が誘致に積極的になる理由は分かったとして、実際の立地条件などはどうでしょうか。 まず第一に挙げられるのは海外からの集客が大事。 その点大阪は関西国際空港があるのでアクセスもよいです。 今現在、夢洲という場所が最有力候補地となっていますがそこから約70分ほど、1時間強で空港までつけるというのは海外からのお客様にとってはとても便利ですよね。 またUSJが近いこともあり、統合型リゾートと連携しプロモーションをかけることもできます。 昼間はUSJで家族で楽しみ、夜は大人の時間でカジノで遊んでもらう、といったファミリー一体型での提案もできます。 また日本の古都といえばやはり京都や奈良。 そういった日本を感じてもらう古都が大阪近辺にあることもプラスポイントです。 よって、1、国際空港、2、USJ、3、古都 この3つが大阪に統合型リゾートを誘致することに積極的になれる要因かと思われます。 大阪にカジノはくる?根強いカジノへの批判 経済の活性化、雇用の創出、外貨の取り込みなど、日本の、また大阪の経済復興の面を見ればプラスの事ばかりが目に付く統合型リゾートですが、実際には根強い批判があるのも事実です。 もしあなたが生まれも育ちも大阪で慣れ親しんだ街に沢山の外国人が押し寄せてきたらちょっと嫌な気持ちになりませんか。 また統合型リゾートとはいってもカジノをしにくる人のメインはほとんどが夜。 治安が悪くなることも考えなければなりません。 また昔より日本ではカジノは賭博の一つとして違法であり(現在も賭博法はある為、統合型リゾートリゾート以外でカジノをオープンすることはできません)、ギャンブルやカジノはしては行けないこと、と思われています。 実際に市民団体として「大阪カジノに反対する市民の会」などが反対活動を行っています。 こういった市民の声にも耳を傾けながら慎重に議論していかなければなりません。 大阪にカジノはくる?最新のIR(カジノ)法情報 2016年に可決されてからすでに4年が経過していますが、当初は東京オリンピックに向けて進めたかったこの統合型リゾート。 2020年のコロナの影響もあり、実際のところはまだ誘致先さえ決定していません。 現在の最新情報としては基本方針案(国土交通省観光庁, 2020年10月9日公表)として、国のIR区域整備計画の認定申請受付期間を2021年10月1日から2022年4月28日までとし、この場合、2022年5月以降、国はIR区域整備計画を認定へ(都道府県・政令市, IR事業者が決定)。 となっています。 来年にようやく誘致先の認定申請が始まり、2022年からリゾート施設の詳細が決まっていく、ということでまだ日本でカジノができるようになるのは3年くらい先になりそうです。 ただコロナの影響もあり、ソーシャルディスタンスを保つなどの、新たなニューノーマルが必要なこともあり、一筋縄では進まないのではというのが大方の見方。 今後の情報にも注力していかなければなりません。 個人的には日本にカジノができるのは賛成ですが、すでにあるギャンブル業界へのケア(特にパチンコ店など)もしていかなければならないため、まだまだ問題は山積みといった印象です。 ですので私は日本にカジノができるまではオンラインカジノで遊ぶことにします。

オンラインカジノは違法ではない?イカサマを見分けるポイント

日本で解禁されて国内でも話題になったことから、人気が高まりつつあるオンラインカジノ。 けれど中には不正なソフトウェアの操作をしてイカサマを行ったり、勝利した分のお金を支払わないなどといった悪質行為をはたらくオンラインカジノもたくさんあります。 悪質なオンラインカジノを見極めるポイントや、過去に事件のあったオンラインカジノの例をご紹介します。 悪質なオンラインカジノとは?チェックポイント ・カスタマーサポートの対応 オンライン上でカジノを行うからこそ、カスタマーサポートの存在は重要。そんなカスタマーサポートの対応が悪いまたは遅いと、何か問題が起きた際に困ってしまいます。カスタマーサポート対応力のランキングなどあるので、確認することが出来ます。 ・勝利分の支払いが遅い、または行われない 各オンラインカジノごとに、出金の所要時間は変わってきます。出金対応が速いところであれば当日~翌日に振り込まれますが、遅いところはいつまで経っても振り込まれない…なんて事も。所要時間や出金に対する口コミはチェックすべき。 ・不正な(イカサマ)ソフトを使用している オンラインカジノのサイトを見ると、何のソフトウェアを使用しているのか確認する事が出来ます。人気の信頼できるソフトウェアなのかどうかを確認しましょう。 ・ライセンスを所持していない オンラインカジノを合法的に運営するためには、運営会社の拠点がある国家・地域の政府などからライセンスを得る必要があります。サイトの下方部にどこのライセンスを取得しているか記載されているはずですので、ライセンス名と信頼できるライセンスなのかをチェック。 ・ボーナスの情報が虚偽、または提示している条件と異なる いくらお得なボーナスを掲げていても、実際は使えない・出金条件が厳しくて相当な額を入金しなければ使用できない…なんて事も。ボーナスの条件は事前に確認すべき。 ・運営者情報/会社概要が掲載されていない ライセンス同様にサイトの下方部に運営者情報は記載されているはず。確認してみましょう。 日本語対応のオンラインカジノは大丈夫?過去の摘発例とは 日本の賭博に関する法律は、‘日本国内のみ‘適応されます。つまり日本人が海外でカジノを遊ぶこと、日本から‘海外で運営されている‘オンラインカジノで遊ぶことは違法にはなりません。 けれど海外で運営されてるからこそ英語が基本。そこで日本語に対応したオンラインカジノには安心感をおぼえがちですよね。けれど日本語に対応している、というのは日本人を狙った詐欺である可能性もあるという事は心に留めておくべき事でもあります。実際に日本語対応カジノから不正行為が摘発された事例があるので、2例ご紹介します。 ▷過去の実例 ドリームカジノ 日本国内において、オンラインカジノ運営による初の逮捕事例となったのが2016年6月に常習賭博容疑で運営者5人が逮捕されたドリームカジノ。 海外のサーバーで運営されており、元の企業も実際に海外法人ですが、運営を担当していたのが日本国内の会社であったという見方が濃厚。サポートが日本語のみであったことなどが判断材料となりました。 なお、逮捕されたのは運営側のみでプレイヤーは逮捕されていません。払い戻しについては、後日別のオンラインカジノを通じて返金手続きがされています。本当の運営元がどこなのか?は気を付けたいポイント。 スマートライブカジノ こちらは英国を拠点としていた合法オンラインカジノのスマートライブカジノ。カジノ自体は違法ではありませんでしたが、2016年3月に3人の日本人プレイヤーが「明らかに日本人用に特化したサービスを提供していたこと」から逮捕されることとなりました。 ポイントは、 日本人ディーラーが日本時間の夕方~深夜にかけて対応していたこと プレーの構図が日本人ディーラーvs.日本人プレイヤーであったこと 日本語を使って会話をしていたこと 「日本人ディーラーと日本語で会話しながらプレイできる」というのは危険ポイントとなり、海外で運営されているオンラインカジノであっても”日本国内の客に向けた賭博行為”と判断されてしまう事も。 ちなみに逮捕された利用者3名は略式起訴となり、「単純賭博罪」に。10~20万円の罰金刑を、内2名は裁判を避けるために支払いましたが、残りの1名は裁判で争う姿勢を見せ、不起訴処分が決定しました。 イカサマのないオンラインカジノでプレイしよう 信頼のできるオンラインカジノで遊ぶためには、信用できるライセンスを取得しているか。加えて、「オンラインカジノが公正に運営されているか」を定期的に確認する第三者組織が入っていればより安心。(※監査機関が入っていなくても公正に運営されているオンラインカジノもあります。) また、過去の支払いがきちんと行われているか。通常通り運営されていれば支払いが遅れることはまずありませんので、運営元の事情が悪化している可能性も考えられます。 そして日本で運営されておらず、海外で合法的に運営されているかどうか。日本人限定のサービスを行っていないかなど確認ポイントはたくさんありますが、安全にオンラインカジノを楽しむためにも、事前に確認をしましょう!

オンラインカジノの仕組みとは?運営方法について解説

日本で解禁されて国内でも話題になったことから、人気に火が付いたオンラインカジノですが、果たして一体どこの誰が、どういう仕組みで運営しているのでしょうか? オンラインというインターネット上で行われるものなので、実際に何が起こっているのか、裏で操作されているのではないか?と不安に感じてしまいますよね。 ここではオンラインカジノの運営構造からライセンスや第三者機関などについてご説明致します。 オンラインカジノ運営の構造 オンラインカジノの運営は、プレイヤーを含めた下記6つの構造から成り立っています。 ⒈プレイヤー オンラインカジノをプレイする人達を指します。 決済会社を通じてオンラインカジノに入金し、勝てば配当を得られます。 ⒉オンラインカジノ会社 オンラインカジノを運営している企業の事。プレイヤーからお金を受け取り、オンラインカジノゲームをはじめとする様々なサービスをプレイヤーに提供します。 プレイヤーが勝てば配当を支払いますが、負ければその分は売り上げとなります。 ⒊決済会社 運営会社と契約し、運営会社とプレイヤー間のお金のやりとりを仲介する会社です。 ⒋ソフトウェア会社 運営会社と契約し、ソフトウェア(オンラインカジノのゲームシステム)を提供する会社です。 ⒌審査機関 オンラインカジノの運営会社が公平な運営を行っているかを審査する機関のこと。運営開始後、定期的に公平性をチェックするための組織です。 ⒍各国政府 運営許可としてライセンスを発行する政府のことです。 オンラインカジノ運営を許可する「ライセンス」 「合法的に運営されているオンラインカジノ」を見極める基準として、第一に「ライセンスを取得しているか」を確認することが重要となりますが、そのライセンスとは、オンラインカジノを合法的に運営するためのもの。運営会社の拠点がある国家・地域の政府などが発行しています。 オンラインカジノでのライセンス取得=安全と安心性の証となり、ライセンス無く運営しているサイトは、国際的な適法性が無い状態で運営している、ということになります。 各オンラインカジノは厳重な審査によってライセンスを取得することができるようになっており、審査の対象基準としては以下の様なものがあります。 ・十分な資金をしっかり管理・有しているか。 ・プレイヤーから入金された資金をきちんと保管しているか。 ・マネーロンダリングや犯罪に使われないようユーザの本人確認をしっかりと行っているか。 ・公平な結果が出るようなシステムが導入されているか。 ・ギャンブル依存症対策や、個人情報の取扱いの管理方法はどうなっているか。 海外のオンラインカジノサイトの中には、非合法に運営されているオンラインカジノもあり、非合法なオンラインカジノでプレイをしてしまうと、出金ができなかったり、個人情報を抜き取られてしまう…などのトラブルの危険性も。 ライセンスを取得していないオンラインカジノは法律違反となるので、たとえ日本語の安全そうなサイトでも、ライセンスの有無は必ず確認しなければなりません。 また、ライセンス発行の審査基準は発行している国によって異なるため、「ライセンスを取得していれば絶対安心」という事でもないんです。 何度も審査してやっと取得できるような国もあれば、その反対に使用料さえ払えば審査をほとんど行わずに取得できるライセンスも…その為、「審査が厳しく評判の高いライセンスを取得しているか」を確認しておけば、より安心してプレイする事ができます。 以下に評判の高いライセンスをご紹介します。 審査が厳しく評価の高いオンラインカジノライセンス マルタ「MGA」 マルタ共和国は世界で小さい国としてもあげられるほど、人口も少なく41万人とされていますが、小さい国ながらもマルタ共和国のマルタゲーミングオーソリティー「MGA」はライセンス発行審査が厳しいので、評価が高くライセンス発行国の中でも文句なしに信頼、安心ができるとされています。 また、マルタ共和国はオンラインカジノの規制を初めて取り入れた国であり、ライセンス業界ではどの業界よりもポジションが高く、犯罪や不正といったことからオンラインカジノを守ったり、未成年がプレイしないようにしたりなど、プレイヤーが安心してオンラインカジノに取り組める環境作りをしています。 ライセンスの有効期限は5年となっており、その間で不正が発覚した場合もライセンスは剥奪されるようになっています。 ▶︎マルタ共和国のライセンスを取得しているオンラインカジノ ・ラッキーニッキー ・ジャックポットシティカジノ ・チェリーカジノ ・カジ旅 ・カジノシークレット キュラソー キュラソーはカリブ海にある小さな国で、かつてオランダ領アンティルの統治下にあった島です。1996年以来オンラインゲームのライセンスを提供してきました。 20年以上と長く事業を行っており、キュラソーのライセンス取得をしているオンラインカジノに対し、定期的に審査を行っていることもあり、信頼のあるライセンスです。 また、ライセンス料は比較的安いので、キュラソーライセンスと一緒に他のライセンスも取得しているオンラインカジノもあり、多くがキュラソーのライセンスを取得しています。 ▶︎キュラソーのライセンスを取得しているオンラインカジノ ・エンパイア777 ・パイザカジノ ・チェリーカジノ ジブラルタル ジブラルタルのライセンスは「一流オンラインカジノの証」といえるほど、ハイグレードで信頼性が高いライセンス。ここのライセンスを取得をしているオンラインカジノのサイトの安全性は高い、と言えるほどです。ライセンスの審査は、ジブラルタルの政府が直接調査をしており、今までの企業実績に基づいて認可を出しているため、実績を積んでいないオンラインカジノ企業はライセンスを取得することが難しくなります。 さらに、ジブラルタルのゲーミングライセンスは維持費も高額なので、経営面での安定性も求められます。経営状況が安定しているオンラインカジノを選ぶ場合は、ジブラルタルライセンスを取得していかどうかを確認するのもオススメです。