中学生コース

公立中生コース

公立中学校での学習を補助し、上位の成績を維持させ、高校受験に挑んでいくコースです。

公立中学校での学習環境はなかなか改善されず、その矛盾が生徒へしわ寄せされてきています。 加えて猫の目のように変わる指導方針により、教育現場は混乱しています。 そのひとつが、授業時間は削減されたまま、しかし学習内容は「ゆとり」以前の状態に増大させるという不合理さによるものです。 これでは学校での授業はますます表面をなぞるだけの、荒っぽい教え方になっていくことでしょう。 このまま3年間を過ごしては、高校受験に対応できる学力を身につけることは、困難なことです。 学校での授業を補完し、一つひとつのことをしっかり定着させる学習サポートが必要でしょう。

部活動・習い事など生徒のスケジュールに合わせて、効率よい学習指導を行います。

具体的な指導内容の例:

学校採択の補助教材も学習指導の中に組み込んで、学校授業を理解させていきます。定期テスト・模擬試験を目標に、その内容理解を徹底させます。「確認テスト」を多用して、定着をはかっていきます。定期テスト・模擬試験の結果を分析し、理解できていない点、ミスの出やすい点を把握し、その克服に努めます。志望する高校を常に射程において、合格レベルに引き上げる指導を行います。etc ...

中高一貫生コース

レベルの高い授業内容を理解させ、定着をはかるコースです。

レベルの高い内容を速いスピードに合わせてマスターしていくためには、それなりの学習時間の確保が必要です。 でもそれだけでは不十分で、加えて優秀なサポートが必要となります。 サポートなしに生徒個人の力だけで、中高一貫校の授業内容をこなしていくことは難しいことです。 実際、入学した当初は意気込んで勉強に立ち向かっていたのが、授業が進むにつれて理解が困難になり、しだいに学習意欲を薄れさせてしまう生徒が多く見受けられます。 他方、成績上位者間では上位者なりの熾烈な競争が戦わされています。 この競争に打ち勝つことも、厳しいことです。 中高一貫校に通っている生徒こそ、理解を手助けし、学習を補助していく家庭での教師がもっとも必要とされます。

多くの指導経験をふまえ、学校のやり方に精通したプロ教師が、生徒の自主学習を支え続け、目指す大学・学部の合格への道を切り開いていきます。

  • 具体的な指導内容の例:
  • 学校採択教材を使って、その内容理解を手助けしていきます。
  • 「日々題」「週末課題」の内容を把握して、定期テスト対策を同時に行います。
  • 生徒本人がぶつかっているところを見極め、多面的な対策でその克服に努めます。
  • 常に定期テストで上位に位置できるように、得点する能力を高めます。
  • 最終的に志望する大学・学部へ合格するための学力を保持できるようにします。

Leave Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *